最新のビジネスホテルの現状とは?特徴から選び方のコツまで

ビジネスホテルはビジネスマンにとっては身近な存在です。 その名の通り、ビジネスシーンでの利用を想定した客室構造やサービスが特徴ですが、ビジネスマンだけでなく幅広い客層に人気の宿泊形態です。 特徴やサービスなど、最新のビジネスホテル事情を知ってお得に利用してみませんか。

多様化するニーズに対応!今どきのサービスとは

手軽でリーズナブルな宿泊費が人気のビジネスホテル。 シティホテルほどの手厚いサービスを求めない人にも受けているようです。 近年ではニーズが多様化し、お祭りやコスプレの際の着替えに利用するなど、様々な使い方がされていて、それに伴いビジネスホテルのサービスも多様化しています。

外国人からも大絶賛!ビジネスホテルのおもてなしとは

外国から見た日本の様子が頻繁に伝えられるようになって久しいですね。 私たち日本人にとって当たり前のことが、外国人にとってはおもてなし精神と称賛されます。 このことは日本人に「日本人らしさ」や「日本人であること」を再認識させてくれ、日本の企業やサービスにおいて、そのレベルの底上げに繋がっています。

実は合理的!ビジネスホテルの特徴とは

「シティホテル」「ビジネスホテル」「観光ホテル」と、ホテルにも様々な形があります。

以前は旅行や観光で宿泊する場合、多くの人が「シティホテル」を利用することが多かったのではないでしょうか。
それは旅行のわくわく感や、訪れた土地でのサプライズ感など演出してくれ、リッチな旅行にしてくれるからです。
それだけシティホテルのサービスやおもてなしは上質で、スタッフの教育にも力が入れられていました。
一方、当時のビジネスホテルと言うと、基本的には「寝るだけ」の施設を提供し、食事サービスやルームサービスもありませんでした。
ホテルにはドアボーイもコンシェルジュもおらず、スタッフとのやりとりもかなり限られたもので、限定的なサービスにとどまる代わりにリーズナブルな宿泊費が実現できていました。
ところが、近年ではそのビジネスホテルのビジネスモデルにも変化が出てきています。

サービスの質やおもてなしが向上している他にも、ホテルの建物外観や内装そのものが、いわゆるビジネスホテルのイメージを覆す、リゾート感やナチュラルで緑にあふれる癒しの空間を演出しています。
その背景には客室稼働率をさらにあげるべく、メインターゲットをビジネスマンにしていたビジネスホテルが、新たな客層を取り込むことで競争が激化し、オンリーワンのサービスやおもてなしで生き残りをはかろうと企業努力を続けた点にあります。
そこへインバウンド需要も重なり、さらにその競争は白熱してきています。
消費者にとってはうれしいことで、リーズナブルな宿泊費はそのままに豪華なサービスやおもてなしを受けられるようになったことで、ビジネスホテルとシティホテルの境界があいまいになりつつもあります。

ここでは、いわゆるビジネスホテルの特徴や人気のサービスなどについても紹介していきます。

▲先頭へ戻る